浜松市 注文住宅

現場レポート「水回りリフォーム編」Part.2

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

「トイレが寒くて使いづらい」
そういったご相談があったのは、昨年11月のことでした。
お打ち合わせを重ね、今年1月に工事がスタート!

 

今回は、リフォーム後のトイレをご紹介します。

(関連記事「現場レポート「水回りリフォーム編」Part.1

https://obakensetsu.jp/blog/archives/3007

 

居心地の良い「あったかトイレ」

 

寒さの一番の原因だった窓をふさいだため、冬でももう冷たい風が吹き込むことはなくなりました。
周りもぐるっと断熱材で覆い、取り付けた遠赤外線ヒーターの効きも◎!

 

「あったか」ポイントはまだまだ。

 

トイレ内の水栓から出るのはお湯。少し珍しいタイプです。
お湯と水を混ぜて吐水する混合栓ではなく、洗面の下に小型の湯沸かし器を設置。

 

熱くもなく冷たくもない、35度程度のお湯が常に出るため、冬でもヒヤッとすることなく、しっかり手洗いができますね。

 

デザインも「高級ホテルのトイレみたい!」とお施主さま。
好みをしっかりとヒアリングし、全面的に取り入れた甲斐がありました。

 

また、壁にはキッチン用のパネルを使用
通常のものより汚れに強く、掃除がしやすいと、こちらも大好評でした。

 

大場建設のリフォーム

 

トイレの扉ももちろん取り換えたのですが、ここに少しだけ大場建設のリフォームクオリティが表れています。

 

こういった建具はカタログから気に入ったものを探してもらい、既製品を取り付けるのが一般的です。
でもその場合、どうしても周りとのバランスが図れず、いかにも「トイレだけリフォームしました!」という雰囲気が否めません。

 

機能的にも内装もバッチリなのに、入り口の扉に違和感が残る……
家の雰囲気に合っていなければ、家全体のバランスも崩れてしまうのです。

 

そういった事態を避けるため、今回はこれまでのドア枠を活かしつつ手を加え、オリジナルの扉を製作しました
いかがですか? 周りの雰囲気にもマッチしているはずです。

 

ただつくるだけ。ただ直すだけ。
そんな仕事は、大場建設の仕事ではありません。

 

あらゆる角度から考え、より快適な住まいになるようご提案し、お施主さまの未来に寄り添った家づくりを、これからも続けてまいります。

 

以上、大場建設代表 大場一生でした。