浜松市 注文住宅

知っておきたい「断熱材」の基礎知識

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

今や、家の性能性を高めるために必要不可欠な「断熱材」。

実はたくさんの種類があり、それぞれに特徴があるのをご存じですか?

 

今回は、隠れたところで大活躍している「断熱材」について掘り下げていきます

 

・外張り断熱と充填断熱

 

断熱材の種類はたくさんありますが、大きく分けると2つ。

「外張り断熱工法」「充填(じゅうてん)断熱工法」です。

 

外張り断熱とは……

外側から張るタイプの断熱材。

家の基礎や屋根、外壁など建物すべてを断熱材で覆うように施工します。

 

充填断熱とは……

内側に断熱材を詰めるタイプ。

繊維系の断熱材や粒状にした断熱材を、外壁や内壁、天井や床などに施工します。

 

断熱性の高さは「熱伝導率」で表すことができ、熱伝導率が低ければ低いほど断熱性が高い、ということになります。

 

それでは次に、断熱材の素材ごとに特徴を見ていきましょう。

 

・断熱材はこんなにもたくさんある?!

 

繊維状にした素材を絡み合わせることで空気の層を作り、断熱性を保つものを「繊維性断熱材」といいます

その素材によりさらに「無機繊維系断熱材」と「木質繊維系断熱材」とに分けられます。

 

無機繊維系には、ガラスを素材とした「グラスウール」や、玄武岩などの鉱物を素材とした「ロックウール」があります。

メリットは燃えにくいことと、防音性が高いこと。

湿気には弱いため、防湿や結露対策が不可欠です。

 

木質繊維系は、段ボールやおがくずなどを原料とし、そこにホウ酸や硫酸アンモニウムを加えて作られています。

高い気密性や防音、吸音性がメリットですが、コストが割高になります。

 

もうひとつが「発泡プラスチック系」と呼ばれる、ごく小さな気泡にガスを閉じ込め、断熱効果を生み出すタイプの断熱材です。

 

発泡プラスチック系には、ポリスチレンを連続で発泡させる「押出発泡ポリスチレン(XPS)」と粒状のポリスチレンを金型に入れ発泡させる「ビーズ法ポリスチレン(EPS)」、フェノール樹脂に硬化剤や発泡剤をプラスした「フェノールフォーム」のほか、大場建設が採用している「硬質ウレタンフォーム」があります。

 

押出発泡ポリスチレン(XPS)とビーズ法ポリスチレン(EPS)の特徴は、軽量で柔らかいため施工のしやすさが挙げられます。

水を吸わない性質なので、結露防止にも◎。

その一方、熱に弱いのがデメリットです。

 

熱伝導率が低く耐久性に優れている「フェノールフォーム」は、熱によって硬化する特徴があり、燃えにくく有毒ガスの発生率が低いのが魅力。

ただ、高性能なだけあって価格が高いのが難点です。

 

そして、ポリウレタン樹脂に発泡剤をプラスして施工するのが「硬質ウレタンフォーム」の断熱材。

とても湿気に強く内部結露を抑えられるため、家の耐久性の向上にも効果を発揮するのです。

 

これまで、4世代にわたり家づくりにかかわってきた大場建設が、さまざまある断熱材から「硬質ウレタンフォーム」を採用することになったのか……

 

また改めてじっくりお伝えすることにしますね。

以上、大場一生でした。