浜松市 注文住宅

外壁材について考える

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

外壁材は、家の印象を左右する家づくりの重要ポイントのひとつ。
従来は、白~ベージュ系が主流でしたが、最近では黒や濃紺など、濃い色目のカラーに人気が集中しています。

 

今回は、外壁材の種類やその特徴についてお話を進めます

 

・昔からのスタンダード外壁材

 

<モルタル>
セメントに砂を混ぜ合わせ、壁に塗って仕上げるタイプの外壁材です。
一昔前の日本家屋は、ほとんどがモルタル外壁を採用していました。

メリットは、デザイン性も高く、耐震性や耐火性、耐久性にも優れていること
その反面、吸水性が低いことや、職人による手作業のため施工期間が長期になること、それによってコストが高くなってしまうことがデメリットです。

 

<タイル>
粘土や石などの自然素材を砕き、焼き固めて仕上げるタイプの外壁材。
クラシックスタイルや南欧風など、タイルの風合いを生かした個性的なデザインをお好みの方におすすめです。

傷や汚れが付きにくいうえに耐久性が高く、経年劣化も少ないため、メンテナンスコストを抑えることができますが、そのぶんイニシャルコストは高めです。

 

<ALC>
内部に気泡が形成されていることにより、水に浮いてしまうほど軽量なコンクリートをALCといいます。
重さは通常のコンクリートと比べ約1/4。建物自体への負担が軽減されるほか、耐火性や遮音性に優れている点がメリットです。
ただし、防水性やデザインの自由度は、ほかの外壁材と比べ低いといえます。

 

・最近主流の外壁材「サイディング」

 

最近、多くの家で採用されている「サイディング」には、大きく分けて「窯業系」「金属系」「樹脂系」の3種類があります。
それぞれの特徴をみてみましょう。

 

・セメントに、繊維質や混和剤を混ぜた「窯業系」
デザイン性が豊富なことから、サイディングのなかでも特に主流なのがこのタイプ。
耐震性や耐火性も高く、遮音性にも優れています

 

・ガルバリウム、アルミニウム、ステンレスなどを使用する「金属系」
窯業系に比べ、メンテナンスが少なく済むのが大きなメリット。
凍害に強く対天候性もあるため、寒冷地に特におすすめです。ただし、サイディングの中ではもっとも高コストです。

 

・塩化ビニル樹脂が素材の「樹脂系」
アメリカでは50%を超えるシェアを誇るという、樹脂系のサイディング。
窯業系と比べ軽量なので施工しやすく、建物への負担が少ないのが特徴です。
また、耐用年数が長いのもメリットの一つです。

 

いかがでしたか?
最近ではInstagramなどでタグ検索をすると、たくさんの素敵な家をみることができます。それぞれの外壁材の特徴を知ったうえで、お気に入りのデザインを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ家づくりの参考になさってくださいね。

 

以上、大場一生でした。