浜松市 注文住宅

今年もありがとうございました!

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

新型コロナウィルスの感染拡大
東京オリンピック・パラリンピック2020の延期。
ちょっと気の重いニュースの多かった令和2年も、もうすぐ終わろうとしています。

 

大場建設でも、今まで現場では必要ではなかったマスクが必須になったり、住設機器などの商品の入荷が遅れたり、お施主さまにご迷惑をおかけしたこともありました。

 

みなさんにとってこの1年は、どのような年でしたか?

 

新スタッフを迎え新しい風をとり入れる

大場建設、今年一番のニュースは「新スタッフの入社」。

 

これまで1人で取り仕切っていた現場も、スタッフが一人増えたことで作業効率がアップ。
よりスピーディな対応が可能になり、お客さまにも喜んでいただいています。

 

また、代々培ってきた建築技術デザイン的な若い感覚をとり入れることで、皆さまに満足していただける家づくりができるようになります。

 

来年は更に、時代の変化に合わせたデザイン性の高い住宅を作っていきたいと思います。

 

 

 

新スタッフインタビュー「今年を振り返って」

 

 

――― 今年はどんな1年でしたか?

 

入社して半年。とにかく現場の仕事を覚えようと必死でした。まったく知らないことも多かったですから。
もちろん難しいことだらけでしたが、新しいことへのチャレンジがたくさんできたことは楽しかったです。

 

――― どんなことが難しくて、どんなことが楽しかったですか?

 

建築にまつわる法律も簡単ではありませんが、勉強すれば理解できることだと思います。
でも、たとえばクロス一つとってもお客さまに奨めるには莫大な知識が必要なんですよね。本当にいいものを提案するには、相当勉強しなくてはならないし、変化するので常に学ぶ姿勢でいないと。変化が常にある住宅業界だからこそ、そこが楽しい部分でもあります。
早くお客さまのお役に立てる存在になれるようがんばります!

 

 

今年もありがとうございました!

 

実は来年も、大場建設からビッグなニュースをお届けする予定でいます。
楽しみにしていてくださいね。

そして来年はもっともっといいニュースいっぱいの年になりますように。

 

大場建設代表 大場一生でした。