浜松市 注文住宅

現場レポートPart.5「外周り工事」

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

月イチでお届けしている現場レポート
早くもPart.5を迎えることとなりました。

 

今回は、屋根や外壁といった、家の外周り工事についてご紹介いたします!

 

これまでの現場レポートはこちらからどうぞ!
「家づくり、はじめの一歩」https://obakensetsu.jp/blog/archives/2646
「地盤調査と地鎮祭」https://obakensetsu.jp/blog/archives/2690
「基礎工事」https://obakensetsu.jp/blog/archives/2743
「上棟」https://obakensetsu.jp/blog/archives/2797
 

屋根工事からスタート!


 
建て替えのため、もともとのお住まいを解体するところからスタートした今回の案件。
地盤調査、地鎮祭を経て基礎工事へと進み、家の骨組みである上棟、そして上棟式を終えいよいよ「箱」づくりの開始です。
 
まずは屋根
今回のお宅は、片流れ屋根を採用しました。
 
かなり勾配が緩めなタイプです。
(関連記事:「どんな屋根にする?屋根の種類とその特徴5選」https://obakensetsu.jp/blog/archives/2823
 
屋根の素材は「ガルバリウム鋼板」を採用
鋼板にアルミニウムとシリコンの層をかぶせてあるので、錆に強いという特長があります。
 
そして外壁は、窯業系サイディング
耐震性耐火性に優れています。

 


 
これはサッシの取り付けが終わったときの様子。
図面通りにできているか、都度チェックしながら作業を進めます。

 


 
同時に、給排水工事や電気工事など、協力業者さんと力を合わせて作業
断熱工事は特にしっかり、ていねいに行います。
(前にも書きましたが、大好きな作業でもあります!)

 

 


壁や天井の下地工事、造作もいよいよスタートです!

 

雨雲レーダーをチェックしながらスケジューリング


 
外周り工事はお天気にとても左右されるのですが、今回は特に雨が多く、思うように工事が進まないことも多々ありました。
「昼間は良くても、夜は崩れる」という予報だったら、作業中の場所が濡れないようシートで覆ってその日の作業を終了します。翌日は、そのシートを取り外すのが朝一番の仕事。
不安定な天気が続けば続くだけ作業が増えるので、非常に悩ましい事態です。
 
梅雨や台風の時期をずらして計画すればよいのかもしれませんが、やはりお施主さまのご要望が第一
ご希望のお引き渡し日に間に合うよう、お天気の神様にお祈りしながら工事をする毎日です。
時折お施主さまが現場を訪れ、職人さんたちに声をかけてくださるのですが、それがとても励みになります。
 
「邪魔になるかな?」なんて思わず、どんどん現場に足を運び、気になることがあればどんどん質問してくださいね
それでは次回の現場レポートもお楽しみに。
これまでの施工事例もぜひご覧ください!
https://obakensetsu.jp/works/
大場建設代表 大場一生でした。