浜松市 注文住宅

思っている以上に怖い「雨漏り」の話

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

住まいのトラブルといって思いつくもののひとつに「雨漏り」があります。
この雨漏り、「少しだから大丈夫」といつまでも放っておくと、取り返しのつかないことになります。

 

今回は住まいのイヤーなトラブル「雨漏り」について掘り下げていきます。

 

 

雨漏りが引き起こすトラブル、こんなところにも?!

 

天井から水がしたたり落ちてくるような雨漏りではない限り、それほど重大なトラブルだと感じない方のいらっしゃるようですが、実はわたしたちプロからすると「一番厄介な住まいのトラブル」といっても過言ではありません。

 

放置しておくと湿気がこもってしまい、思わぬところにカビが発生することも多々。
部屋中がカビ臭くなってしまったり、人々の健康に悪影響を及ぼしたりと、暮らしの快適さを奪う原因となります。

 

さらに建物内部の柱や木材を腐らせ、家自体の強度を劣化させてしまうばかりか、湿気を好むシロアリの住処になってしまうことも!!

 

シロアリ被害は目に見えにくいため、気が付くと建物内部を食い尽くされボロボロに……

 

そんなことにならないための重要なポイントはたったひとつ!
次の章で詳しく説明します!

 

 

気づかない雨漏りこそ厄介?!

 

雨漏りから家を守る最大かつ最重要ポイントは「小さな雨漏りも見逃さない」ということ。

 

前章でもお話しした通り、天井から雨がしたたり落ちてくるような雨漏りならすぐに気づきますが、小さな雨漏りは案外見逃しがち
というより、まったく気づかないところで雨漏りが発生してしまっていることも無きにしも非ず……というのが、雨漏りが厄介と言われる理由のひとつでもあります。

 

そこでまずチェックしたいのは、「天井や壁にシミがないか」どうか。
また、一部がふくらんでいたり波打つようなゆがみがあったりする場合は、雨漏りが疑われます。

 

「特定の部屋ばかり結露がひどくなってきた」という場合も、雨漏りが原因かもしれません。

 

 

そういった兆候が見られたら、業者に雨漏り診断修理を依頼するなど、早急に対策をとるようにしましょう。
大場建設でも雨漏りに関するご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡くださいね。

 

大場建設代表 大場一生でした。