浜松市 注文住宅

ずっと変わらない「大場スタイル」

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

 

先日、スタッフとのミーティングが行われました。
テーマは「地域貢献」。

 

明治28年の創業以来、地域に根付き、地元に愛されてきた私たちができる地域貢献って何だろう。
ずっと話し合ってみましたが、なかなか答えは出ません。
そもそも、地域貢献とは何なのか。明確に答えることは難しいのです。

 

ただ思うのは、これまで1000棟以上手がけてきた大場建設としてこれからも伝えていきたいことのひとつが、「家づくりの楽しさ」。
家は買うものではなく「建てるもの」だということを、注文住宅の建築を通じて伝えていきたいと強く思うのです。

 

 

ただ、昔と比べて「買える家」が増えてきたことも事実。

 

家づくりを楽しんでもらうには、良い職人が必要ですが、昔と比べて「買う家」が増えたことで大工仕事が減り、造り手も少なくなってきました。
腕を磨く環境も少なくなり、技術が育ちにくい時代ともいえるかもしれません。

 

私は職人でもあり、経営者でもあります。
設計も大工仕事も、会社の経営も自分

 

「大変ではありませんか?」と言われることもありますが、家づくりの全部に携われることは達成感の大きさにもつながります。

 

ハウスメーカーの営業マンは、契約が取れたとき。
設計士は、お施主さまの思い通りの設計ができたとき。
大工は、設計通りの家が完成したとき。
経営者は、会社に利益が出たとき。

 

それぞれが味わえる達成感を、全部受け止めることができるのですから、こんなに幸せなことはありません。

 

お客さまの想いをとことん受け止め、
信頼のおける地元の業者と協力し、質の良い素材を納得のいく価格で仕入れ、
腕の良い職人たちと協力し、最高品質の家を造ること。

 

家づくりのゼロからすべてを一貫して担うことこそ「大場スタイル」であり、この大場スタイルを続けていくことが、きっといつか地域貢献や建築業界への貢献につながっていくのではないか。

 

今はそんな気がしています。

 

話は変わりますが、先日仕事場を片付けていたら、懐かしいものが出てきました。
道具などに押す「焼き印」です。

 

 

おう、4代目。しっかり仕事しろよ」
そんな声が聞こえたような……?!

 

大場建設代表 大場一生でした。