浜松市 注文住宅

現場レポートPart.1「家づくり、はじめの一歩」

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

これまで、ホームページやブログで大場建設が手がけてきた施工事例をご紹介してきましたが、ご覧いただきましたでしょうか。
注文住宅ならではのオリジナリティあふれる住まいは、きっと家づくりの参考になるはずです。

 

まだ見たことのない方はこちらからどうぞ! ↓
大場建設の施工事例 https://obakensetsu.jp/works/

 

出来上がった家を見ていただくと同時に、実際の現場がどんな感じなのか、また家づくりはどう進んでいくのかを見ていただきたい!
そう思い、今回から数回に分けて現場の紹介をしていくこととしました
大場建設の”一生懸命がつまった現場からのリポートです!

 

解体スタート!

 

今回の現場は、建て替え案件
もともとご両親がお住まいだったところへ、息子さん家族が同居することになり建て替えることを決めたそう。
息子さんのご家族は、奥さま、高校生と社会人になったお子さまの4人家族。
6人が住む、二世帯住宅への建て替えです。

 

重機を使い、元の家をていねいに解体。
隣家との隙間が少ないので、迷惑が掛からないよう細心の注意を払って行います。

 

解体する際、最初は少しノスタルジックな気持ちになります。
ご家族の思い出がたくさんつまったお家ですから

 

 

気持ちを切り替え、解体を続行。
ここまでくると、もう新しい家への期待で気持ちはいっぱいです。

 

ここでちょっとお客さまのご紹介をしましょう。

 

最初のご相談は、昨年のこと。
だいたいの間取りや予算はすでに決まっていたため、とてもスムーズに進行しました。

 

ご要望は、
・車を4台停められる駐車スペースが欲しい
・外の収納は見た目が好ましくないので、ビルトイン収納にしたい などなど。

 

打ち合わせを重ね、完成した間取り図がこちらです。

 

 

作業〇日。解体が無事終了し、更地になりました。

 

新人スタッフが興味深げにみている黄色い機械は、土地の強度などを調べる地盤調査のための機械です。
地盤調査って、安心安全な家を建てるためには、とても大切なんですよ。

 

 

解体してみて、向かって左側のお宅との間に塀がないことが判明!
急遽基礎作りの前に、塀作りから始めることに変更しました。

 

こうやって臨機応変に対応できるのも、大場建設のいいところだと自負しています。

 

 

今回のリポートはここまで。
また次回をお楽しみに。

 

大場建設代表 大場一生でした!