浜松市 注文住宅

台風から大切な家を守るためにできること

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

ここ数年、大型台風による住まいの被害について、ニュースでも取り上げられる機会が増えてきました。
実際、台風後の修理依頼は年々増えているといっても過言ではありません。

 

家は家電とは違い、壊れたら「買う」ことも「直す」ことも、容易ではありません。
そこで、この台風シーズン到来前の今、しておくべき家のチェックポイントについてお伝えいたします。

 

 

台風が来る前にチェックすべきポイント

 

チェックポイント①外壁に傷みはありませんか?
普段ではあまり気にならない小さなひび割れや亀裂も、台風時に損傷がひどくなることも少なくありません。
気にはなっていたものの、「これくらいなら大丈夫」と思っている箇所を、今一度確認してみてください。

 

チェックポイント②汚れはありませんか?
雨どいやベランダの排水溝に葉っぱやゴミなどが詰まっていると、水が溜まり予想外のアクシデントに見舞われる可能性も。
傷みだけでなく、汚れチェックも必須です。

 

チェックポイント③雨戸のガタつきはありませんか?
いざ閉めようとしたらうまく閉められない……。これでは、強風で物が飛んできたときに窓ガラスを割ってしまう恐れがあります。
雨戸のないガラス窓は、万が一に備えフィルムシートを貼るなどし、割れガラスの飛散を未然に防ぐようにしましょう。

 

チェックポイント④ゆるみや錆びはありませんか?
めくれてしまっている瓦やトタンがあれば、台風前に必ず補修をしましょう。
テレビアンテナのゆるみや錆びも要チェックです。

 

 

「すまいのかかりつけ医」という考え方

 

家づくりは、竣工がゴールではありません。
住み始めてからもずっと、その家に住むお客さまの豊かな暮らしを守るべく、ずっと寄り添っていたい
大場建設はそう考えています。

 

体調がすぐれないときに、すぐに相談できるお医者さまのことを「かかりつけ医」と言います。
ちょっとした不調や、どの科にかかればよいかわからないときなど、かかりつけ医がいると心強いですよね。

 

それと同じで、突然のトラブルや小さなお困りごとを気軽にご相談いただけるすまいのかかりつけ医」に、大場建設はなりたいのです。

 

「外壁の塗装がはがれそう!」
「天井にシミ……これって雨漏り?」
「雨戸やシャッターがガタガタする」

 

小さなトラブルも、長引けば大きなストレスになるはず。
そんなときもすぐに「すまいのかかりつけ医」にご連絡くださいね。

 

大場建設代表 大場一生でした。