浜松市 注文住宅

天井で変わる、おしゃれな空間づくり

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です!

 

家づくりの際、こだわる方が多いのが「間取り」や「設備」。
これから長く住み続ける家ですから当然でしょう。

 

ただ実は、天井こそ空間の印象を左右することをご存じですか?

 

今回は「魅せる天井」にポイントやコツについてお伝えします!

 

 

「魅せる天井」で空間にアクセントを

 

まずは、一般的な平天井(水平な天井面)のほか、どのような種類の天井があるのかみてみましょう。

 

・勾配天井
屋根の形に合わせ、斜めに配置されている天井のこと。
通常は屋根裏となるスペースを空間として使えるため、広さを出すことができます。

 

・下がり天井
一部が、ほかより低くなっている天井のこと。
マンションによく見られ、ダクトやパイプ、梁の出っ張りにより施される場合もあります。

 

・船底天井
両端より中央部分を高くした天井のこと。
見上げたとき、船の底のように見えることからそう呼ばれ、和室などによく見られます。

 

・折り上げ天井
天井の中央部を一段高くした形状の天井のこと。
重厚感や上質感を高める効果があるとして、主にリビングに採用するお施主さまが多い天井です。

 

 

プラスαでさらに「魅せる天井」に!

 

魅せる天井と相性がいいのは、なんといっても間接照明
天井を照らす「コープ照明」を取り入れれば、天井を高く見せ部屋を広く感じさせる効果もあります。
さらにおしゃれ感も格段にアップします。

 

(「照明テクニック」https://obakensetsu.jp/blog/archives/2312

 

折り上げ天井に格子化粧梁を使うことで、空間にメリハリをつける効果もあります。
格子のデザインによっては、和洋どちらにも合わせることができます。

 

おすすめしたいちょっとしたワザは、キッチンの天井を少し低くし下がり天井にすること。
LDKのなかにアクセントを付けることで、キッチン以外のスペースの天井を高く感じる効果があるんです。

 

いかがでしたか?
ぜひ家づくりの参考になさってくださいね。

 

大場建設代表 大場一生でした!