浜松市 注文住宅

「オール電化住宅」のホントのトコロ・・・

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です!

 

オール電化住宅」とは、空調や調理、灯りや給湯といった熱源のすべてを、電気でまかなう住宅のこと。
IHクッキングヒーター、エコキュートなどがオール電管住宅の設備です。

 

導入するお宅が増えている「オール電化」ですが、実際のところ使い勝手はどうなの?」と疑問を持たれる方も多いようです。

 

 

今回のテーマは「オール電化住宅」。
そのメリットと、デメリット解決法をお伝えいたします。

 

 

オール電化住宅 2つのメリット

 

1、基本料金が一本化できる

ガスと電気を併用している場合にかかるそれぞれの基本料金も、オール電化の場合は電気の基本料金のみ」。
それだけでも節約となりますが、電気料金が割安の夜間にお湯をつくるエコキュートを使用することで、「給湯にかかるコストを下げることができます。また、夜間に蓄熱する蓄熱暖房機を使えば暖房費も削減可能です。

 

2、室内に熱源がないため安全

ガスを利用している場合に考えられる「ガス漏れ」「不完全燃焼による一酸化炭素中毒といったリスクがないので安心。
炎の出ないIHクッキングヒーターは、CO2を発生させないため部屋の空気もキレイが保てます。

 

 

オール電化のデメリットはこうやって解決!

 

1、日中の電気料金が高くなる?

オール電化がスタートしたころは、深夜の料金が安いことだけが注目されたため、日中でも家に人がいることの多いお宅では、全体の電気料金が高くなってしまうということが多々ありました。

 

しかし、電気の自由化により、各社からさまざまな料金プランが提供されています。
自分にピッタリの電気料金プランがシミュレーションできるサイトもありますので、ぜひ活用してください。

 

2、災害時に復旧が遅い?

これも一長一短で、ガスと電気、どちらが絶対! とは言えません。
ただ断水した際、エコキュートや電気給湯器のタンクに貯蔵してある水は、生活用水として使用可能(飲用はNG)。常に水の貯えがあるのは安心ですね。

 

 

いかがでしたか?

 

大場建設は、こうしたちょっとしたお客さまの疑問にも、誠心誠意お答えしております。
家や暮らしについて気になることは、お気軽に何でもご相談くださいね。

 

大場建設代表 大場一生でした。