浜松市 注文住宅

吹き抜けのある家

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社大場建設」です!

 

これまで多くの家づくりに関わってきたなかで、希望される方が多いなと感じるのが「吹き抜けのある家」。
なんといっても開放感があるのが大きなメリットではないでしょうか。

 

一昔前までは玄関を吹き抜けにしたいとおっしゃる方が多かったのですが、
最近はリビング階段を希望される方が多く、同時に吹き抜けを採用するケースが増えてきています。

 

今回は定番人気の「吹き抜けのメリットとデメリットについてお伝えします。

 

 

吹き抜けのメリット

 

光が入りやすく開放的

外からの光が入りやすくなるのはもちろん、部屋の奥まで光が届きやすいというのも大きなメリット。
南側に隣家があっても、吹き抜けによって自然光を取り入れやすくなる場合もあります。

 

風通しが良くなる

1階と2階がつながることで、家全体の風通しが良くなります
シーリングファンを設置することで、さらに快適さがアップ。おしゃれ度も上がります。

 

リビング階段との相性が◎

2階に行くにはリビングを通る必要があるため、家族同士が顔を合わせる機会が増えるとして人気のリビング階段は、吹き抜けとの相性がばっちり。
相乗効果により、部屋が大きく見える利点があります。

 

 

では次に、デメリットを見てみましょう。

 

 

吹き抜けのデメリットも大場建設で解決!

 

ネットを検索するとたくさんのデメリットが出てきますが、実は大場建設が手がけるスーパーウォール工法と提案力で、その多くを解決することができるのです!

 

冷暖房の効きが悪くなる

吹き抜けをつくることで部屋の体積が増えるため、冷暖房の効率が下がるのは当然のこと。
しかしスーパーウォール工法は、暖めた空気が冷めにくく、外に逃げにくい高気密&高断熱。
吹き抜けではない部屋と比べると、多少温まるまでに時間がかかりますが、一度温まればその快適さをキープするのはお手の物。というわけです。

 

音や匂いが伝わりやすい

こういったデメリットも、高い気密性のあるスーパーウォール工法なら心配なし!
キッチンの匂いが2階へいくことも、2階のオーディオが階下にうるさいこともありません。

 

2階のスペースが狭くなる

本来、部屋にできる2階スペースを吹き抜けにしてしまうため、このデメリットも当然と言えば当然です。
そんなときは、大場建設の質問力と提案力をフル活用させ、ベストな方法を見出します
(「質問力&提案力で120%の家づくり」→https://obakensetsu.jp/blog/archives/2443

 

 

吹き抜けが必要な理由は? 2階のスペースが狭いと何が困る?
最優先事項は? 一番心配しているのは?  etc……
きっと良い方法が見つかります。

 

 

いかがでしたか?
家づくりの可能性を無限に広げる、大場建設、代表の大場一生でした。