浜松市 注文住宅

3D CADでお客さまファーストの家づくり

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です!

 

みなさまは、CAD(キャド)をご存じですか?

 

「聞いたことはあるけど、よく知らないなあ」
「設計に関係あるのよね?」
などなど……

 

今回は、CADについてのご説明とともに、大場建設が実際に活用している3D CAD(三次元CAD)について、少し詳しくお伝えしていきます。

 

 

CADの歴史

 

CADは「Computer-aided designの頭文字をとった略語で、
コンピューターを使って設計する、もしくは設計ツールのこと。
もともとは航空機の設計を目的に、1963年頃アメリカで開発されました。

 

そして時は流れ、建築系のCADソフトが登場。手作業で描かれていたころとは比べ物にならないくらい使い勝手がよく、瞬く間に業界のスタンダードになりました。
1980年前半のころです。

 

また、建築用のみならず機械用、土木用、電気用のほか、
意外なものだと服飾用橋梁や配管用ブロック玩具レゴ」などさまざまな専用CADも登場
CADの登場は、設計の在り方を大きく変えたと言われています。

 

CADの運用前は、トレーシングペーパーに手描きし、修正があれば消しゴムで消して作成しなおし……のくりかえし。
時間も労力もかかる大変な作業だったため、このCADの登場は非常に画期的でした。

 

しかしここでいうCADは平面(2D)CADのこと。
熟練者や技術者なら、図面から完成形を想像するのも容易でしたが、一般のお客さまには少し難しく、実際の完成形と設計図とのギャップが大きい場合もあることが、一つの課題でもありました

 

そこで3D CADが登場し、それらの課題を解決しました!

 

3D CADで思い通りの家づくり

 

3D CADを使って設計をすることの一番のメリットは、お客さまへの視覚的提案ができること
立体的に見ていただけるので、模型を見るかのように細かく確認ができるのです。

 

そして「もっとこうしたい!」というご要望にもPC上で即時に対応
「やっぱり元に戻したい」というお願いも、簡単に対応できます。
手描きだったら、時間も労力も数十倍、いや数百倍かもしれません。

 

また、多くのメーカーも3D CADソフトへの対応を進めているため、壁の色や模様、建具などもPC上で確認可。ひとつひとつ目で確認をしながら設計を進めていけるので、ご希望により近い設計=家づくりが可能となったのです。

 

 

 

無限大に広がる家づくり。
大場建設も、誠心誠意お手伝いいたします。
何でもご相談くださいね。

 

 

大場建設代表 大場一生でした。