浜松市 注文住宅

スーパーウォール工法×大場建設のこだわり

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です^^

 

明治28年に創業して、今年で125年。
社会情勢は大きく変わり、人々が住まう「住宅」も常に変化しています。
これからもきっと変わっていくに違いありません。

 

(「それでも“注文住宅”にこだわる理由」 http://obakensetsu.jp/blog/archives/2335

 

それでもやっぱり、大場建設の想いは、
流行にとらわれない普遍的なデザインと居心地の良い暮らしをテーマとし、飽きのこないデザイン、ライフスタイルや家事動線を考慮した間取りを提案していきたい。

 

そこだけは変わることはないのです。

 

 

スーパーウォール工法とは

 

 

スーパーウォール工法とは、株式会社リクシルが提案する工法のこと。
夏は涼しく、冬は暖かい温熱環境や、優れた換気システムによる健やかな空気環境。また、前回もお伝えしましたが、地震にも強いという「気密性」「断熱性」「耐震性」に優れた住宅を提案しています。

 

(「知っていますか?耐震・制震・免震の違い」http://obakensetsu.jp/blog/archives/2390

 

大場建設が扱っているのも、このスーパーウォール工法。

 

変わりゆく暮らし それを支える家 ずっと続く性能」というスーパーウォールのコンセプトは、大場建設の想いを実現できる工法です。

 

家族全員が心地よく快適に過ごせることを、当たり前にする。
暮らしがどのように変わろうと、健康・快適・安心・安全でいられること。

 

大場建設はスーパーウォール工法を通じ、ずっと変わることなくお客さまに寄り添い続けます!

 

 

大場建設の見えないこだわり

 

 

つい先日ご紹介した施工事例も、もちろんスーパーウォール工法です。
(「家族みんなが楽しい家」 http://obakensetsu.jp/blog/archives/2378

 

それだけでも「気密性」「断熱性」「耐震性」に優れているのは間違いないのですが、
大場建設は、+αのひと手間を忘れません。

 

住宅の基礎となる土台は、すべてヒノキ」。(どの住宅も、です!)
優しく柔らかな触り心地のヒノキは、一見すると硬度が低そうですが、実はその逆。
時間が経過すればするほど強くなり、30年経つと釘も打てないほど。
白アリ対策にもぴったりなんです。

 

そして気密性。

 

何度も言うように、スーパーウォールだけでも高い気密性があるのですがここでもひと手間。

 

基礎が出来上がると、本当に本当に隙間がないか水を張ってチェック
ちょうど雨が降ればいいのですが、なかなかうまくいかず……

 

水漏れがないことを確認したら、濡れたままでは作業を進めることはできないため、
乾湿両用の掃除機や水中ポンプを使って、水を外に出します。

 

 

 

 

隙間ができる可能性がある場所には発泡ウレタンをシューーーーーーーーっと。

 

 

 

 

 

(これも全部に。でも意外と楽しいんです♪)
さあ、もうこれで完ペキ!

 

スーパーウォール工法×大場建設のこだわりで、本当に快適な暮らしをお届けします。
お気軽にお問合せくださいね。

 

 

大場建設代表 大場一生でした