浜松市 注文住宅

知っていますか? 耐震・制震・免震の違い

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です^^

 

日本は世界的に見ても、地震の発生が多い国だと言われています。
家を新築される際、「地震に強い家」を望む方も多くいらっしゃいますが、そもそも地震に強いとは、どのようなことを指すのでしょうか

 

建物における地震に対する構造として、「耐震」「制震」「免震」があります。

 

今回はこの3つの違いや特徴についてお話いたします。

 

 

耐震・制震・免震の違い

 

〇 耐震 〇
読んで字のごとく、地震に耐える力のこと。
地震の力は床や屋根など、重さのある部分に負荷がかかるため、建物に「筋交い」や「構造用合板金具」などを使い、補強します。

 

筋交いは「たすき掛け」「片方組み」など、組み方によって強度も異なります。

 

住宅はもちろん、学校や病院などの建物もこの耐震工法によって建てられているものが多く、日本において一番メジャーな工法とあって、低コストで設置できるのがメリットです。

 

 

〇 制震 〇
家の土台は地面と繋がっているため、地震による揺れは、建物に直接伝わってしまいます。
それを軽減するのが、建物内部に組み込まれた制震装置揺れを熱エネルギーに変え吸収し、倒壊を防ぎます

 

制震装置のひとつに「ダンパー」があります。
ダンパーに使われている特殊なゴムに、地震による揺れを熱エネルギーへと変換する作用があるのです。

 

繰り返しの揺れに強く、台風などの強風にも強いのが特長です。

 

 

〇 免震 〇

こちらも読んで字のごとく、地震の揺れから免れる力のこと。
建物の土台と地面の間に装置を設置し、地震による揺れを建物に伝わりにくくするのが免震です。

 

揺れそのものが建物に伝わりづらいため、建物内部への影響も軽減。
ダメージを最小限に抑えることができるほか、家具の転倒も防ぐため二次被害予防にもなります。

 

他の設備よりコストは高めです。

 

 

スーパーウォール工法における「地震対策」

 

1994年の発売以来、スーパーウォール(SW)工法は地震による全壊・半壊0という実績があります。
大場建設が手がけるのも、このSW工法。
高気密、高断熱だけではないのです。

 

特長のひとつが制震スーパーウォール」。
独自に開発されたSWパネルに新たな制震機能制震テープをプラスしたことで、何度も繰り返す地震に強い家が実現しました。

 

また、地震による揺れが大幅に減るため、建物の変形量も1/2に減るほか、家全体に制震機能がプラスされるため、部分的に設置する制振装置とは安心感にも差が出ます

 

快適な暮らしには、安心安全であることも不可欠。
地震に強い家も、大場建設にぜひご相談くださいね。

 

 

大場建設代表 大場一生でした