浜松市 注文住宅

玄関ドアの種類や特徴について

こんにちは!大場建設の4代目 大場一生です。

 

先日お客様から「玄関の扉について悩んでいる」と言った質問をいただきました。玄関は家の顔になるからこそ、こだわりたいですよね。

 

そこで今回は、玄関ドアの種類と特徴についてご紹介します

 

玄関扉の種類

 

玄関扉には様々な種類があります。

 

・片開きドア

定番の扉として、多くのお宅についているのが片開きドアです。右開き、左開きのどちらでも対応できるタイプが揃っているので、アプローチの雰囲気に合わせて取り入れるのがいいでしょう。

 

・親子ドア

片開きドアの横に、小さな扉を設けたタイプが「親子ドア」です。小さな扉も開け閉めすることができるので、開口部をより広く演出することができます。車椅子や高齢者がいるご家庭にオススメの扉です。

 

・袖付き片開きドア

玄関ドアの横に、ガラスを設けたドアタイプのことです。親子ドアにも似ていますが、ガラス部分は動かすことはできません。明るい玄関をつくりたい人にオススメです。

 

・両開きドア

その名の通り、両方で開くことができるドアです。親子ドアよりも開口部が広く、自転車を玄関に置いたりしたい場合にも便利です。

 

・引き戸

扉を横にスライドする引き戸は、限られたスペースでもある程度広さのある開口部をつくることができます。扉を開けっぱなしにしても邪魔にならないのも特徴です。

 

大場建設が提案する玄関扉

 

大場建設でマイホームをご依頼いただくお客様は、引き戸を選ぶ方が多くいらっしゃいます。

 

引き戸の魅力は、両手に荷物を持っていた時も扉を引くだけで開けることができたり、風が強い日でもあおられる心配がありません。また、ベビーカーや車椅子なども出入りがしやすいのが特徴です。

 

引き戸というと昔の住宅をイメージしがちですが、最近ではおしゃれな引き戸も多く、色合いもブルー、レッド、シルバーなどカラフルなものが登場しています。

 

玄関扉は、外壁と同じような色合いのトーンにしたり、玄関扉をアクセントに色を変えたりと遊び心を演出することも!

 

土地や建物の大きさ、その方のライフスタイルによって玄関扉の種類も変わってきますので、どんな扉にしようと迷ったらご相談を♪好みのデザイン、暮らし方に合わせて提案します!