浜松市 注文住宅

リノベーションで「健康寿命」が延びる? 大場建設のリノベーション

最近、よく耳にするようになった「健康寿命」。

健康寿命とは、医療や介護に依存せずに、自立した生活ができる期間のことを指します。この期間を長く過ごし、そして最後はなるべく苦しまずに生涯を終えたいという多くの方々の想いから、「健康寿命」という言葉が広まってきました。

大場建設ではリノベーションのご依頼を受けることも多く、“住まいの改修”=“暮らし方の変化”が健康寿命を延ばすことに繋がっていると感じています。

 

 

大場建設リノベーションをしたあるお宅は、築年数が古く仕切りの多い一軒家でした。

夏は暑さ、冬は底冷えを感じて、台所とリビング、和室の間を行き来するのが億劫なのでひとつの部屋からあまり動かない生活をしていたそうです。

 

そこで、構造的に取り除いても問題の無い柱をすべて抜き、仕切りの少ない開放的な空間に仕上げました。断熱材をしっかりと高密度で入れることで、夏の暑さと冬の寒さが軽減された、とご感想をいただきました。

室温の急激な変化で風邪をひいたり、お風呂場で発生することの多い「ヒートショック」を起こしたりする可能性がぐっと下がったのではないでしょうか。

 

また、ちょっと立ち上がって物を取りに行くのが楽になったそうです。

運動不足や、「動きたくない」「面倒だ」というストレスは体調に大きく影響しますから、行動そのものだけではなく、精神的にも健康的になっていただけたと思います。

 

大場建設は、健康寿命の延長にも繋がる、“暮らし方を変えるお手伝い”にも熱意を持っています。

「小さな悩みだけど、聞いてもらえるかな…」と相談できずにいる方も、ぜひ大場建設へお問合せください。