浜松市 注文住宅

Q:冷房計画で気を付けるポイントはありますか?|浜松・湖西の新築注文住宅 大場建設

今回は、スーパーウォール工法に関する質問をご紹介します。

 

Q:冷房計画で気を付けるポイントはありますか?

 

A:スーパーウォール工法の家は、保温保冷性能断熱性能)が高いので、少ないエネルギーで家全体を冷やすことができます。外気の影響で家が暑くなりにくいことに加え、快適な室温を保つ性能が高いため、冷房に使うエネルギーはとても少なく済みます

 

しかし、家の中には朝日夕日が差す東西面の窓があったり、その外側に日射を遮るものがない場所もあると思います。そういった場所は夏の強い日差しを浴び続け、窓からの熱が家全体の室温に大きく影響してしまいます。

スーパーウォール工法では、熱を反射するLow-Eガラスを採用することで、こういった影響を軽減しています。併せてエアコン等をつけて、室温をコントロールしましょう。

また、ドアを閉めて使うことの多い部屋がある場合にも、冷気がその部屋に届かないため、エアコンの設置を検討して下さい。

 

先日、スーパーウォール工法でお家を建てられたご夫婦とお話をした際には、奥様から「新しい家はエアコンがよく効くね」というお言葉を頂き、ご主人には「スーパーウォール工法の性能のおかげですね。その良さを実感している」と言って頂きました。

エアコンが「弱」でもよく効くのは、スーパーウォール工法の家が断熱性・気密性に優れているから省エネお財布にも優しい暮らしができると、喜んで頂けているようですね。

 

真夏の始まりを感じ始めたこの頃、皆さんはスーパーウォール工法の家に住む快適さを手に入れたいと思いませんか?