浜松市 注文住宅

WORKS
大場建設の施工事例

古民家風の平屋の家

今回はスーパーウォール工法で建てられた平屋の家・浜松市西区のH様邸です。

以前までは同じ敷地内にある母屋で、ご両親やお子さんたちと一緒に生活をされていたH様ご夫婦。お二人のお子さんたちが成長し、自分たちの部屋が欲しいとの要望を受けて、母屋にお子さんたちのそれぞれのスペースを確保。ご夫婦は敷地内に別に平屋の家を建てることになりました。

当初はログハウスの家なども考えられたH様ご夫婦。思ったよりも住まいのスペースが狭く管理も大変なことが分かり、最終的に古民家風の平屋の家に決まりました。

平屋の住まいにした理由は、老後を考えて2階への上り降りが無く、ワンフロアで全てが完結するため。和室、リビング、キッチンと連なり、全てが見渡せる広々とした平屋のお住まいに仕上がりました。

8寸(約24センチ)のヒノキの大黒柱や松の木を採用した梁など、木の温もりを感じられる古民家風の平屋の家です。次回はさらに詳しく住まいの性能や内観などをお伝えします。

◆内観について
気密性・断熱性・耐震性に優れたスーパーウォール工法で建てられたH様邸。計画換気システムも採用しているので、一年中いつでも快適な空気環境で過ごせるのも大きな特徴のひとつです。窓はペアガラスで、サッシは外側がアルミ製、内側が樹脂製のもの。結露対策もしっかりと整っています。

和室には、母屋で使用していた葦簀戸(よしずど)を活かすスタイルに。趣のある雰囲気をより一層演出しています。またリビングの照明は、吊り下げ型のものではなく、LEDのダウンライトに。空間の広がりをさらに感じられるようになっています。

キッチンの戸棚は、奥様の身長に合わせて、使いやすいような高さに調整。上部には明かり採りの窓も配置して、明るいキッチンに仕上がりました。IHクッキングヒーターで、お手入れも簡単。対面式なので、ご家族の動きをはじめ住まいの全体を見渡せるのもポイントです。

キッチンとトイレ・お風呂場との間には、オリジナル目隠しも設置。機能性とデザイン性を兼ね備えたスタイルになっています。

お施主様のこだわりがたくさん詰まった一年中快適に過ごせる広々とした平屋のお住まいが完成しました。

古民家風の平屋の家

大場建設 施工事例

≫ 一覧に戻る