浜松市 注文住宅

水道光熱費の節約方法|浜松・湖西の新築注文住宅 大場建設

家庭での水の使われ方で、一番大きな割合を占めるのがお風呂です。

お風呂のお湯の使い方を見直すと、給湯や水道高熱費が減って省エネな家に近づけます。

 

 

お風呂はお湯の使用量が多いので、少ない量でも浴び心地の良いシャワーヘッドを使用したり、こまめに止められるスイッチ付きの水栓を設置して節約すると効果が大きくなります。

 

ご家族のみなさんの入浴時間帯がバラバラの場合、冬場には追い焚きが必要になります。

そこでオススメしたいのが、保湿性の高い浴槽を使うこと。一度温まったお湯が冷めにくいので、追い焚きの回数が少なくて済みます。

 

従来の浴槽の場合、4時間で約7度も温度が下がってしまいますが、サーモバスSのような保温浴槽を採用すると、4時間で約2.5度の温度減少で済みます。

保温性の高いお風呂の利用も光熱費の削減に有効的です。

 

お風呂以外にも、キッチンや洗面室では、こまめにお湯を止められるセンサー付きのもの、トイレでは節水機能の付いたものなど、さまざまな商品が登場しています。

家づくりやリフォームの際に、水道光熱費に関してもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

大場建設では、お客様にあった商品を提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

http://obakensetsu.jp/contact/