浜松市 注文住宅

大場社長の近況報告:宝珠院の修築|浜松・湖西の新築注文住宅 大場建設

こんにちは、大場建設代表の大場 一生です。

 

今回は、大場建設と同じ町内の浜松市西区舞阪町にある宝珠院の修築について、お話をさせていただこうと思います。

 

 

先日、漆喰の塗り替え雨樋の交換など、宝珠院の修築工事を実施しました。実は私たちの住まい並びに大場建設も、以前までは宝珠院の境内の近くにあり、非常に古くからのお付き合いがある寺院です。もちろん、檀家でもあります。

 

 

本堂と山門以外は、大場建設でつくらせていただいています。居間や書斎となる書院は祖父が、台所や住居となる庫裏(くり)は父が手掛けました。私もご住職の息子さんのお住まいの建設に携わらせていただきました。

 

建築という大きなカテゴリーでは、寺院も一般的な住宅も基本は同じですが、やはり異なります。全体としては、一般住宅よりもさまざまな決まりごとが多いといった感じです。

 

寺院の場合には、受け継がれた伝統を守りつつ現在の優れた建築素材を導入していきます。雨樋は銅を使いますが、劣化を抑えるために、内側がステンレス製になっているものなどを活用します。

 

 

 

歴史と技術のある大場建設として、今後も寺院をはじめ神社など地元の伝統や文化をしっかりと形として後世に残していくお手伝いができたらと思っています。

 

【関連記事】

「岐佐神社の修復」

https://ameblo.jp/oobakensetsu/entry-12269075724.html