浜松市 注文住宅

サッシってどう選ぶ?素材別に徹底解析!

こんにちは。浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です^^

 

いきなりですが、みなさんは「サッシの役割について考えたことがありますか?
家づくりの際、サッシについてじっくり考える方はあまりいらっしゃいませんが、実は家の中の快適さやプライバシーを守る重要な役目を担っています。

 

今回は「サッシ」について、少し深掘りしたいと思います。

 

 

サッシの種類とそれぞれの特徴

 

・木製サッシ

 

熱伝導率が低い木製サッシは、室内外の温度差が影響されないため、結露しにくいと言われています。
また、質感や経年による味わいなど、デザインやインテリア性を好まれる方も少なくありません。
ただ、雨や風などによる劣化が表れやすいため、メンテナンスコストが高くなるというデメリットがあります。

 

 

・アルミサッシ

 

高強度で軽量。変形や変色も起こりにくく、防火性も高いことから昔から「サッシと言えば“アルミ”」と言われるほど定番素材です。
熱伝導率が高いものの、断熱性は木製サッシと比較すると、やや劣ります。

 

 

・樹脂サッシ

 

熱伝導率が低いうえに断熱性が高いというメリットがあります。さらに気密性にも優れ、防音効果も期待できます。加工がしやすい素材のため、自由度が高いのも特徴です。
アルミサッシと比べると強度が若干低く、紫外線に弱いというデメリットがあります。

 

 

・アルミ樹脂サッシ

 

アルミと樹脂、それぞれのメリットをうまく組み合わせ、デメリットを補ったのがアルミ樹脂サッシ。
室内側に断熱性と遮音性の高い樹脂サッシを使用し、室外側は耐久性の優れたアルミサッシを使用するというのが定番です。
性能が高いだけあってコストも高いのが特徴です。

 

木製、アルミ、樹脂、アルミ樹脂。
サッシを選ぶ際は、それぞれのメリットとデメリットをよく把握したうえで比較検討してくださいね。
もちろん大場建設は、サッシひとつのご相談でも喜んでお受けしますので、お気軽にご連絡ください。
お待ちしています!

 

大場建設代表 大場一生でした