浜松市 注文住宅

スーパーウォールの冬の魅力

こんにちは、浜松市舞阪にある住宅会社「大場建設」です。

 

大場建設では、「冬暖かく、夏は涼しい」をテーマに、快適な家づくりを実現するため、住宅の耐震性・断熱性・気密性を最大限に高める「リクシルスーパーウォール工法」を、約20年以上前から取り入れています。

 

今回は、冬のスーパーウォールの効果、特徴についてご紹介したいと思います。

 

 

スーパーウォールについて

 

大場建設が取り入れている「スーパーウォールとは、住宅の建築材料や設備機器を開発・製造をする会社『リクシル』が提案する、高性能住宅工法のことを言います。

 

冬場に暖房をつけていても、「トイレや廊下が寒い」「足元が寒い」など思ったことはありませんか?

 

スーパーウォールは、気密・断熱性能が高いので、冬は家全体の温度が約22度夏場は26度程度)に保たれ、温度差の少ない暮らしを実現できます。

 

 

ヒートショックも軽減してくれる

 

参照 https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/feature/01/

 

冬になると、廊下やトイレ、浴室など部屋の温度差によるヒートショック」が原因で、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすことがあります。

 

スーパーウォールは家全体を断熱材で包み込んだ魔法瓶のような空間なので、暖房をしていない脱衣所やトイレなども、暖かいリビングと温度差があまりないので、ヒートショックの起きにくい住まいとなっています。

 

また、断熱性能と健康改善にも深い関係があり、断熱性能の高い家に住み替えた人が、気管支喘息やアトピー性皮膚炎など、健康を害する症状などが出なくなったという割合も多いことがわかっています。

 

大場建設が提案する「リクシルスーパーウォール工法」。わずかな光熱費で暖かく快適な暮らしを実現することができます。

 

詳しくは大場建設もしくは以下URLをご覧ください。

 

LIXIL | 高性能住宅工法 | スーパーウォール

https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/

 

 

大場建設 代表 大場一生