浜松市 注文住宅

二世帯住宅について考える

マイホームを検討する際に、建築費や子育てのサポートの面を考慮し、「二世帯住宅」を考える方が年々増えてきています。今回は、大場建設が提案する二世帯住宅の考え方をお届けします

 

 

二世帯住宅には3つのタイプがある

 

二世帯住宅には、3つのタイプがあるのをご存知でしょうか?

 

その1)完全同居型

通常の戸建に二世帯で同居するタイプです。玄関から室内の設備、水回りも含めて二世帯で共有します。他の二世帯に比べて建築費が安く、将来一世帯となった場合でも対応しやすいのがメリットです。

 

その2)部分共有型

玄関は一緒で、階層で各世帯が住むスタイルです。1階は親世帯、2階は子世帯が住む場合が多く、水まわり設備を別々に設けます。玄関のみ共有するため、互いのプライバシーも確保され、完全分離型と比べても建築費を抑えられます。

 

その3)完全分離型

玄関を2箇所設置して、内部も全て世帯ごとに分けるタイプです。生活動線を別々に造ることができます。また、光熱費を世帯ごとに把握することができます。

 

 

大場建設での二世帯住宅でご依頼が多いのが、部分共有型もしくは完全分離型のスタイルです。親世帯は1階、子世帯2階に分かれるケースが多く、その際に考えないといけないのが「間取り」です。

 

世帯ごとでライフスタイルが異なることも多く、とくに気をつけなければならないのが生活音」です。2階の足音は多少なりとも下の階に響くこともあるため、それらを考慮した上で間取りをつくらないといけません。1階の親世帯の寝室の上に2階のLDKを設けるのは基本的に避けたほうが良いでしょう。

 

 

それぞれで事前に話し合うことも重要

例えば「外構」。施工費を互いがどう負担をするのかまで考えておくとスムーズです。

 

その他にも考えないといけないのが、光熱費をどこまで別にするのかという点です。

完全分離型の場合は、暮らす上での光熱費が別々になるので良いのですが、完全同居型・部分共有型の場合は、光熱費をどうするのか親世帯と子世帯で、しっかり事前に話し合って決めることが大切です。

 

大場建設では、予算、将来のライフスタイルに合わせた二世帯住宅を提案・施工します。

 

二世帯住宅を検討している方は、ぜひ大場建設へお問い合わせを。