浜松市 注文住宅

失敗しない家づくりの流れvol.4

「マイホームをどうやってつくったらいいのかがわからない」、「満足できる家づくりをするためにはどうしたらいいの?」など、家づくりの相談でよくある質問です。

 

マイホームづくりは皆初心者。そこで、明治28年創業の浜松市舞阪エリアにある住宅会社「大場建設」が、失敗しないための家づくりのこと、家づくりの流れについて詳しく紹介します!
今回は「完成・引渡し」についてお届けします。

 

 

いよいよ完成!入居前の検査

 

工事が着工し、3ヶ月〜半年ほど(※面積によって変わります)で完成!家が完成をしたら、入居前にお客様にも検査をしていただきます。

検査が終了したらお引渡しとなります。

お引渡しの際には、いろいろな申請関係の書類や保証書、取扱説明書をファイルにまとめて鍵と一緒にお渡しします。

 

完成して住んでみると「うまく機器が使えない」「ここの棚の使い勝手があんまり良くなかった」など、住んでみてから体感することがとても多くあります。その時は遠慮せずに大場建設にご連絡ください!(使っていて不具合などがおきたら無償で修理します)

 

 

要望があれば住宅機器の使い方もしっかりご説明します!

 

特に住んでみて感じるのが「住宅機器の使い方がわからない」という点。お客様の要望があれば、住宅機器の使い方をお伝えしたり、メーカーさんに来てもらって説明することも可能!

 

最新機器は複雑化されすぎているので、機種によって仕様もさまざまです。暮らしていけばわかるものから「これってどうなっているの?」などの疑問も必ずでてきます。その時その時で、お気軽にご質問くださいね^^

 

 

以前暮らしていた癖がついつい…!

 

大場建設では、スーパーウォールを採用しています。スーパーウォールとは、住宅の耐震性、断熱性、気密性を最大限に高めて、暖房を停止しても温度低下は緩やかで、家中の温度をある程度一定にしてくれます。

 

特にこのスーパーウォールならではの暮らしに最初は戸惑う人も多く、事前にしっかりとご説明をしています!

 

普通の暮らしだと夏は窓を開けて風を通してというイメージですが、スーパーウォールの場合は、締め切ることが大切!締め切ってエアコンをかけることで快適な暮らしを実現できます。

 

また冬場になると、室内の扉という扉を全て締め切ってしまいがちですが、それは逆。冬場は室内の扉を開けて暖かい空気を部屋全体に流すことで、家中の暖かさを保つことができます!

 

マイホームを建てると、今までの暮らしとは少し違った暮らしを送ることになり、はじめは戸惑いも感じることもありますが、何か疑問に思ったことは、すぐに大場建設にご連絡を♪

 

小さなことからサポートしますのでご安心くださいね!

 

 

【関連記事】

失敗しない家づくりの流れvol.1 「マイホームをつくろうと思ったら!」

http://obakensetsu.jp/blog/archives/1706

 

失敗しない家づくりの流れvol.2 「設計プランづくり」

http://obakensetsu.jp/blog/archives/1778

 

失敗しない家づくりの流れvol.3「着工」

http://obakensetsu.jp/blog/archives/1831