浜松市 注文住宅

将来安心、安全に暮らせる家づくりについて考える

2018年も残りわずか、平成最後の年末となりました。今年は7月終わり頃からいくつも台風が発生し、国内ではさまざまな被害がありました。大場建設のある浜松市舞阪エリアでも、瓦が落ちたり板金がめくれたりとたくさんの修繕を行いました

 

災害が多かった年だからこそ、将来安心、安全に暮らせる家づくりについて考えてみました。

 

工法・造り方を考え直す必要が…!?

 

2018年は台風以外の災害も多かったことから、今までの「家づくりの基本的な工法・造り方」に固執せず、家づくりについてゼロから考え直さなければいけないと体感した一年でした。昔の伝統・技術はもちろん大切にしないといけませんが、これだけの強風や自然災害が起こっている中で、現代に合わせた造り方を次世代に向けて考えなければいけないと思っています。

 

たとえば、夏場の台風の強風でフェンスが倒れたりする箇所も多かったので、風通しの良いフェンスに交換する工事も行いました。

 

快適な暮らしを実現するには…!?

 

今年は、台風に限らず猛暑も続きました。冬も極端に寒くなり、四季の移ろいの季節が昔よりも短く感じられました。

 

大場建設では、年中快適な室内空間を実現するために耐震性・断熱性・気密性を最大限に高めてくれるリクシルスーパーウォール工法」を取り入れています。

 

真冬の凍えるような朝でも、ベッドから気持ちよく起きることができたり、一年中薄着や素足で過ごせたりと「リクシルスーパーウォール工法」はメリットがたくさん。花粉の侵入や、カビ・ダニの発生もしづらいので、家族の健康はもちろん、家の性能も長く保つことができます

 

2019年は人のためになる仕事を

 

さまざまなことが起こった2018年。新築はもちろん、修繕やリフォームなどの仕事に携わることができました。来年の2019年は、家づくりを行うのはもちろんですが、人のためになる仕事がしたいなと考えています。

 

台風が過ぎ1週間以上経ってから問い合わせが入り、「どこへ頼んで良いか分からなかった」という方がいらっしゃいました。

 

何かあったら大場建設さんにお願いしよう」と言われるように、住まいの助けを求めている人に届くことをしていきたいなと思っています。

 

その1つがこのブログでもあります。

 

家づくりで不安に思っていることが解決できる住まいのヒントから、家づくりの楽しさなど、いろんなことをこれからも伝え続けていきたいと思います。

 

来年も引き続きよろしくお願いします!
大場建設 代表 大場一生

 

 

≪年末年始の営業のお知らせ≫
2018年12月31日〜2019年1月5日は休業させていただきます。
年明けの営業は、2019年1月6日(日)からとなります。