浜松市 注文住宅

大工が語る、持ち家と賃貸のメリット&デメリット|浜松・湖西の新築注文住宅 大場建設

こんにちは!明治28年に創業した浜松市の工務店4代目、大場一生です。

大場建設では、浜松市を中心に1500棟以上の家づくりを行っています。

 

家づくりをしていると、持ち家と賃貸はどちらの方がお得ですか?と質問をいただきます。
「持ち家と賃貸のメリット&デメリット」をご紹介します。

 

 

【メリット】

 

●持ち家(戸建て)のメリット
ローンの支払いが完了すれば資産にもなり、収入が減少したときも安心して住み続けることができます。
家を自由に改装したりリフォームすることができます。「自分の住まいはここ」と定住感覚も生まれ、愛着がわきます。

 

●賃貸のメリット
毎月の家賃が決まっている。部屋や建物の修繕、リフォームが必要な場合、基本的には貸主側が負担するので、大きな出費の心配はありません。住まいを気軽に変えることができます。

 

 

【デメリット】

 

●持ち家(戸建て)のデメリット
マイホームを購入するために多額の費用が必要になります。固定資産税もかかり、家族構成やライフスタイル、経年劣化などでリフォームが必要になることも。

 

●賃貸のデメリット
家賃を支払い続けても自分のものになりません。家賃の支払いができなくなった場合は退去しなければならず、改築など自由にリフォームすることができません。生活音など近隣への配慮が必要となります。

 

このように、持ち家(戸建て)賃貸にはメリット、デメリットがあります。それぞれの暮らしに合わせたスタイルがあるので、どちらがお得か?!とは一概には言えません。

 

「賃貸で暮らしたい」と思う方は、老後のリスクを考えた上で決断するのがいいでしょう。いずれ退職して年金生活になるので、老後に向けて貯蓄を準備するのをおすすめします。

 

「持ち家で暮らしたい!」と思われた方は、ぜひ大場建設へご相談ください。

 

 

お問い合わせはこちら。
http://obakensetsu.jp/contact/